桜日記(ブログ)
自習室予定

講師紹介



小池 芳弘 (Koike Yoshihiro)

小池 芳弘
担当教科 数学・理科・国語

 

瀬野 寛 (Seno Yutaka)

瀬野 寛
担当教科 数学・理科・国語
 

 

遠藤 伊織 (Endo Iori)

遠藤 伊織
担当教科 数学・理科・国語
 

 

谷崎 真也 (Tanizaki Shinya)

谷崎 真也
担当教科 英語・社会・国語
 

 

井上 典俊 (Inoue Noritoshi)

井上 典俊
担当教科 英語・社会・国語
 

 

谷上 裕一 (Tanigami Yuichi)

渡辺 克己
担当教科 英語・社会・国語
 

 

Professional 〜桜塾の考えるプロの教師とは

楽しくわかりやすい授業
日々授業の研鑽を怠りません。教師同士で授業の板書、導入方法、展開方法を互いに交換し合い、各学年に合ったより楽しくわかりやすい教え方を常に追い求めています。どこで笑わせ、どこで疑問を持たせ、どこでわかったと実感を与えるか…プロ教師の経験と展開力に基づいた本物の授業です。

研究しつくされた教科指導
単元ごとのつまずきやすいポイントを知り、計算しつくされた授業展開でわかりやすく導きます。
学校では難解な単元と感じる場面も、桜塾の教師によってわかりやすくやりがいのある単元に感じるはずです。

テスト対策のプロ
各中学校の定期テストの傾向を知り、それぞれの中学校にあわせたテスト対策をつねに心がけています。またテスト日程に合わせて各中学校の対策スケジュールを入念に準備し実行していることも塾生の成績アップに大きな役割を果たしています。

進路指導のプロ
たくさんの卒業生とともに戦ってきた経験を生かし、単に高校受験のことだけでなく、将来(大学、就職)を見据えた指導を怠りません。子供の将来を見据えて、一人ひとりの希望にあった進路指導をじっくりと行います。桜塾の三者面談は時に一人2時間以上に及ぶこともあります。

受験対策のプロ
愛知県公立高校入試を10年以上にわたり研究し、指導してきた実績があります。塾生一人ひとりを第一志望校合格に導くために、どの教科で何点取ればよいのか、またそのために残された日数でどれだけの勉強をすればいいのか、そして今は何をすべきか。私たちは、一人ひとりのゴールを見据えて教壇に立っています。

 

卒業まで、変わらずに見守る教師

教師という仕事に携わる私たちにとって最も大切なことは、
「生徒を見守ること」だと思います。
桜塾に小5から通ってくれる子供たちは卒業するまでの5年間、のべ1000時間以上の授業で学びます。
その1回1回の授業でおこるちょっとした成長を長い目で見守り、記憶し、その中で子供たちがどう変化していくのか見極める存在が必要です。

ゆえに桜塾では、中1から卒業まで、主に学年責任者が一貫して指導にあたり、子供の特徴、性格、長所、短所、目標などをしっかりと把握した上で一人ひとりにあった指導を心がけています。
教育という仕事を真摯に考えるからこそ、責任を持って指導にあたる、これが桜塾の考え方です。